Monthly Archives : 2012/10

スポンサーサイト - --/--/--(--)
日本人が見直すべき日本精神とは - 2012/10/07(Sun)
日本人は最近ナショナリズムを強めてきているが、一部には方向性に賛同できないものもいる。「誇り高き日本」を叫ぶならば誇り高き日本の姿を踏まえているべきだと思うのだが、なぜかその「誇り」が対戦期の傾きつつある精神構造に立脚しているように思えてならない。「誇り」を語るのであれば、傾いた精神でなくそのまえの健全な精神を踏まえてほしいと思う。「日本精神の原点」ともいうべき時代を学ぶべきなのだ。「もののあはれ...
違和感を感じる理由 韓国近現代の歴史—検定韓国高等学校近現代史教科書 について - 2012/10/07(Sun)
韓国近現代の歴史—検定韓国高等学校近現代史教科書韓国近現代の歴史 (世界の教科書シリーズ)(2009/05/22)韓 哲昊、金 仁基 他商品詳細を見るこれは1860年から現代までを扱う韓国の高等学校における近現代史の授業での教科書、その日本語訳だ。「国定(韓国)国史」も読んでみたが、やたらと嫌みに満ちた表現ばかりではあるものの、予想以上には反日的ではないという印象だった。しかしこの教科書は全く別種のものであると感じた。...
ばと・しっぷ建造譚 - 2012/10/07(Sun)
これは余が所蔵の「はんぐっこぎょ・くっさ」の一章に、多少の潤色を加へたものである。遠い昔のことでおぢやる。「あじあ」の地の奥深く「こりあ」と申す国に、「こうせん」と申す大名がおぢやつた。その頃は天下広しと雖も交わりはあまりおぢやらず、みな大名はわれこそが天下無双の大大名ぢやとおもつておったのでおぢやつた。なれど、或秋のころでおぢやった。「こうせん」が慌てたは、「いてき」とかいう遠国がこの国の都を攻...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。